【遊戯王デュエルリンクス】無課金、怒りの素人デッキがこちら

はい、久々のデュエルリンクスの記事です。前回は始めたばかりの時に書いたデッキの紹介記事でした。
クソですね。完全なるゴミデッキです。全然安定しません。
本当にわざわざ訪れた人の時間をあんな糞デッキ紹介の記事で奪ってしまった事に、怒りさえ覚えます。

 

はい、嘘です。

 

前回も注意書きに書いていましたが、無課金でゆるくプレイしている雑魚の糞デッキ紹介というスタンスなので、ガチ勢とかいうエロい人はすぐに戻るか画面を閉じた方が良いです。

今回も無課金で何処までいけるかを大前提にデッキを紹介します。

記事を書いている時点ではKCカップ2017が開催中です。

だからどうというわけではありませんが、今回は紹介したデッキで何処まで通用したかも後で書きます。前回から時間も経ち、カードも増えてきた今回、作ったデッキは「ブルーアイズ」を軸としたデッキです。

はいはい、カイバーマン野郎出たよ。と思ったアナタ。そうです。カイバーマン野郎です。だって結局ブルーアイズが強いんだもん。

まずデッキを貼ります。

はい。名づけて「怒りのブルーアイズ」です。
組もうと思った理由は、無課金で好きなカードを組もうと思った時に、好きなカードだけでかっこ良くプレイしようと思っても、結局単純なブルーアイズデッキに力負けするのを目の当たりにして、「もう結局ブルーアイズ出しときゃいいんでしょ」と感じたからです。
もっと強いデッキもあるんですが、先にも述べたように手札事故の起こらないデッキはほぼないので、それなら単純に力の強いモンスターを軸にして、罠や魔法、効果を潰していけるようなカードを肉付けしていったほうが勝率あがるじゃんと。
無課金だしそのほうがいろいろ楽じゃんと。

デッキコンセプト

デュエルリンクスは、デッキの事故率が低く、どんな状況にも対応できて、先に強いカードを出した方の勝率が圧倒的に高いゲームです。という事で、今回のコンセプトは「ブルーアイズをさっさと場に出す」です。
場に出したブルーアイズを軸に、魔法カードと罠カードで、相手の伏せカードや効果をつぶしていきます。
ベストな手札は以下の4枚です。

「カイバーマン」、「ブルーアイズ」、「破邪の大剣-バオウ」、「王者の看破」、この4枚。

ドローしてもう1枚手札に入りますが、そのカードは基本的になんでも良いです。
以下、説明です。

ベストな手札がきたら

1.初手で、カイバーマンを出し、モンスター効果でブルーアイズを特殊召喚します。
王者の看破を伏せて、破邪の大剣-バオウをブルーアイズに装備します(初手でドローしたカードをリリース)。
これで、攻:3500で、リバース効果を封じ、訳の分からん罠や魔法も気にしなくて済む状態を1ターン目で完成させます。
初手でこれが出来れば精神的にだいぶ余裕がでます。
余程、対策されたデッキでなければ、このカードでほぼ勝ちは決まります。
※デュエルリンクスは手札ゲーです。初手に何を引いたかで勝ち負けがほぼ決まる。
※逆に事故ったら終わりです。(手札に有利なカードが何もない or 少ない)
※なので、事故りにくいデッキを作るというのは非常に重要です。
※好きなデッキで勝ちを取りに行こうとすると途端に我慢ゲーです。
※無課金です。

次のターンで馬鹿強い儀式モンスターや融合モンスターを出そうとしたら、相手が魔法カードを使用したタイミングで王者の看破を発動してください。最初の1枚は潰せます。普通にモンスターを召喚しようとしても王者の看破で破壊できます。
ダイダロスは場に出てしまうと、恐ろしいモンスター効果を「王者の看破」で潰せませんので、大波小波を出されたタイミング、もしくは2体目のモンスター召喚のタイミングなど、ダイダロス自体を出させないなどの立ち回りをしてください。
こうする事で、2ターン目に3500の攻撃を通す確率が高くなるのです。(無課金でこれができれば、文句はない。※今のところは)
かなり強いですよね。なにを隠そうこの「王者の看破」は、その強すぎる性能のため、早くもリミットレギュレーション入りしています。
現時点では、デッキに1枚のみ組み込むことが出来ます。(結果、弱体化したデッキとか言わない)

後は、普通に殴っていれば問題ないと思いますが、強いモンスターに倒されても良いように、「道連れ」を伏せておく、もう一体ブルーアイスを場に出しておく、などしておけば完璧です。
これで負けるようなら、相手は課金者なので負けて当然と思いこむようにしましょう。

最悪の手札

初手で手札が揃えば、結構強いこのデッキも、最初の4枚の事故率は高いほうではないかと思います。それでも、割とキーカードが1枚でも入っていれば逆転勝利も夢じゃないデッキなのですが、それでもどうにもならない初手4枚があります。
ジャストでこの4枚をひく事はそうないのですが、一番酷い4枚は

「破邪の大剣-バオウ」、「メテオ・ストライク」、「スタンピング・クラッシュ」、「王者の看破」

こんな感じでしょうか。
基本的に装備カードと特定条件下でしか発動できない罠カード、魔法カードで始まると、初手~3ターン目くらいまでは何もできないと思った方が良いです。
そうです。最悪です。
相手の手札が良ければ、一発ノックアウトです。
相手の手札も悪く、辛くも1ターンしのいだとして、自分のドローで打ち出の小槌をひけなければ99%詰みと思ってもらって構いません。超後手後手の立ち回りを強いられます。
こうなると、後は運に任せるか、潔くサレンダーしましょう。
※無課金なので、これがデフォくらいの気持ちで。

カイバーマンや、カイザーシーホースなど、弱い下級モンスターが気になるこのデッキですが、それらのカードを利用して挽回できるキーカードが「道連れ」です。
ミラージュドラゴンやエレクトロ軍曹などで罠を封じられていてはおしまいですが、これらのモンスターは攻:1600です。カイザーシーホースはギリセーフですが、カイバーマンはあっけなく潰されて終わりです。
これはもう、手札の運ですのでそこまで気にしなくても良いでしょう。

替りの候補

汎用度を上げたいなら、「スタンピング・クラッシュ」、「王者の看破」を「銀幕の鏡壁」や「ツイスター」などに変更するのもありだと思います。
ただ、その場合ブルーアイズをさっさと場に出す意味も弱くなるかなと思いますね。しかし、銀幕は融合カードや儀式カードで攻撃力の高いモンスターを召喚されても力負けしないので、結構安定します。
ツイスターは速攻魔法なので、ウザったい魔法や罠をすぐに飛ばせますね。コスト500は鬱陶しいですが。

事故率を下げたいなら、「スタンピング・クラッシュ」、「王者の看破」を「打ち出の小槌」と「カイザーシーホース」もしくは「除去系の効果を持ったモンスター」が良いでしょう。

以上が、デッキの説明です。
現在もKCカップ2017の2ndステージが開催中ですが、無課金にしては勝率がいいです。
狩場サクリとかノーダメ余裕です。(そこ、狩場サクリがそもそもオワコンとか言わない)

カップの結果はまた後日イベント終了してから、書きます。