【SIMフリー】解約金を恐れずに速攻解約して、あっさり元を取った昔話

SIMフリーどこで契約してますか?

私はASUSのzenphone3 lazerというスマホを使用しています。(DMMで取り扱っているので、ここで買えば、怪しい輸入品をつかまされることはないでしょう。)
zenphoneはこれで2台目で、この機種の前にはzenphone5という機種を使用していました。
もちろんSIMフリー携帯で、契約はDMMmobile通話SIMプランライトを契約しています。
スマホに使う通信費は毎月1,300円~2,000円くらいです。

私が2年前に契約した時は、業界最安値を謳っていました。
確か直ぐにイオンが参入してきて1Gのプランでは、こっちが安いとか、あっちが安いとか騒がれていた記憶があります。
結論から言うと、
毎月の通信費は5分の1になり、
違約金数万なんて、あっと言う間に元を取り、
さっさと乗り換えとけばよかった。
→SIMフリー最高。
という状態になっています。

キャリア(docomo au softbank)から乗り換えた経緯

私は、元々docomoユーザーでした。
docomoを解約した理由は、iphoneでした。皆さんご存知iphoneの国内販売の先駆けはsoftbankです。
当時はすでにmacbookが流行っていて、スタバでドヤる事はありませんでしたが、私もアップルを愛し、スティーブ・ジョブズを尊敬するマカーの一人でした。macユーザーなら誰しも一度は経験があると思うのですが、「Apple製品をどれか一つでも買うと、あらゆる製品をApple製品で揃えたくなる病」に罹ってしまうのです。
よくわかりませんが、たぶん、心理学を突いたマーケティングの一つなんだと思います。
当時のスマホはdocomoのgalaxyで、どうしてもiphoneが欲しい。でももうすぐキャリア10年目の特典が受けれる。

もう少し待ってみよう

どことは言いませんが、当時ネットでも10年連続利用の特典が酷いなんて記事は、そこらじゅうで目にすることができました。
せっかく待ってみたけど、特典はどうでもいいレベルで、iphoneの取り扱い方針も進展なし、というような事がきっかけで、ここでdocomoからiphone欲しさに一旦softbankユーザーになります。
月額は12,000円くらいになり、docomoの時より少し上がってたと思います。

しかし、毎月の経費として考えると、スマホに12,000円はやはり高い出費です。
当時はマカー寄りの両刀使いで、Adobe税も払っていましたのでITにかける金額は結構な額となっていました。
みるみる減っていく貯金を見て、解約を決めました。
丁度、ネットでは「違約金がかからない解約のタイミング」的な解説記事を沢山見かけた頃です。(笑)

キャリアの契約を解約するために店舗に行きその旨を伝えると、

「契約を解約するとすぐにお電話が出来なくなります。また、違約金が○○円かかりますがよろs」

「あ、SIMフリーでもう契約しているので構いません。」

ちょっと食い気味に、でも静かなトーンで、そう言って諭吉を2枚、静かに皿にのせると、解約はスムーズに進みました。(笑)

毎月12,000円減るところ1,300円で済む事を思えば、諭吉の2枚くらいなんでもなかったですね。高い分キャリアはサポートがいいなんて事まだ言ってる人がたまにいますが、MVNO業者もサポートあります。対応はキャリアと変わりません。馬鹿みたいに混雑した店舗にならんで、「ここが、こーならない、あーならない」なんて、考えただけでも嫌になりますね。
「契約変更など電話だと早いですよ(ドヤ顔で)」とか言っておきながら、日に何回かけてもつながらないなんてザラですよ。だったら、少しでも安いほうがいいですね。
私はSIMフリーにしてから、浮いたお金を他に回しています。

今では、MVNO業者は沢山ありそれぞれ特徴があります。
また、通話し放題のプランなどがどんどん出てきています。
まだ迷っている方がいるならば、サクッと変えましょう。
各社の比較は調べればすぐに分かる事ですし、このブログでは取り上げません。
※すべての会社で契約してる訳ではないので、紹介のしようがないため。