フリーランスに何を求める?会社員と比較した際のメリット・デメリット

しばらく時間が空きましたが、東京に来て半年が経ちました。
いろいろ、環境の変化がありながらもフリーランスやってみてメリットデメリットが見えてきました。

僕が感じたフリーランスのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

  • 働く時間を自分で選べる
  • お客を選べる
  • 仕事に関係する事は全て自分の意志で決定できる
  • 無駄な会議や口うるさい上司がいない
  • 働いたらその分のリターンがある

デメリット

  • 営業先を自分で見つける必要がある
  • 法人化しないと年金が国民年金
  • 経営の最低限の知識がないとうまくいかない
  • 常にお金の不安
  • 気にかけてくれる上司がいない

色々な初めてを経験しました。
確定申告を初めて自分でやったり、お客を自分で見つけてきたり、スケジュール調整や顧客との費用についての折衝だったり、プロジェクトが大きい場合は協力者の確保など、独りで活動していたのでいろいろと大変に感じる事が多かったですが、中でもお客を一から見つけるというのは、なかなか大変だという事がよく分かりました。
僕の場合は、得意でない事がはじめからわかっていたので、フリーになる前からある程度紹介してもらえる先をいくつか確保してから、フリーランスになりましたが、そうでもしてなければ、今頃は生活保護のお世話になっていただろうと思います。

簡単に言ってしまえば、フリーランスは良くも悪くも自分だけに責任をかけることが出来ます。会社の責任や仲間の責任を負ったり負わせたㇼ、というのがストレスに感じる人にはあっていると思います。
これは私自身物凄くメリットに感じた点でした。

半面、フリーランスはフリーランスならではのストレスが襲いかかってきますw
税金や常に仕事を入れていないと不安になるような人は、おそらく向いていません。これらは会社員であれば、心配しなくてよい事ですね。

こういうメリット、デメリットを体験してみて改めて、フリーランスとは働き方の一つなのだと感じるようになりました。
どちらの負荷が自分に合っているかを知り、それに合わせれば良いのだと思います。
どちらかが物理的に楽になるという事は、宝くじでも当てない限りおそらくありません。

他人がストレスに感じる事が自分には感じられない。を見つける事がより良い働き方に繋がっていくと思います。

働き方改革だなんだと叫ばれるなかで、フリーランスに過剰な期待はしない方が良いと思いますが、今の働き方が本当に自分の人生において最善なのか。は自問自答していたいものですね。

僕がフリーランスの際に、便利だと思ったアプリを次回は紹介したいと思います。
フリーランスでは、時短の為の投資がかなり大事になってきます。