Animate CCの吐き出されるjsはcreatejsです。

AnimateCCで作ったアニメーションをHTML5に対応させたい時は、パブリッシュ設定から、しかるべき設定を行うことで、HTML5に対応できます。
その際に書き出されるアニメーション部分のjsはcreatejsというライブラリが使用されています。

CreateJS

処理速度はそこまで早くないとか早いとか(詳しくは知らない)。
それはどうでも良いのですが、このライブラリの特筆すべき点は、JSライブラリにありそうであまり見かけない、タイムラインイベント(旧FlashやAnimeteの表現)のようなものを表現を設定できます。

ライブラリの日本語の解説サイトは下記サイトが非常に丁寧にまとめられています。
ICS MEDIA

各言語ごとに非常に丁寧にまとめられています。
CreateJS入門サイト

https://ics.media/tutorial-createjs/index.html

タイムラインイベントに変わる関数 Ticker機能については下記のページがわかりやすい解説があります。
CreateJS の Ticker の使い方
https://ics.media/tutorial-createjs/ticker.html

AnimateCCを使ってアニメーション部分を作ったあとで、他のソースと連携しなければならない場合など、一度上記のサイトで使い方を読んで見ると、AnimateCCが書き出すソースも、すんなり入ってくるかもしれません。